ホーム > 講習・試験情報 > コンサルティング

不動産コンサルティング専門教育【相続対策コース】及び【交流会等】のご案内

 不動産コンサルティングマスター(技能登録者)が持つ「技能登録証」の更新要件となる「不動産コンサルティング専門教育講習会」を開講致します。本講習会は、様々な分野ごとにコースが設定され、幅広い高度な知識・技能と業務執行能力を養成する講習会です。
 更新期にあたる不動産コンサルティングマスターの皆様はもちろんのこと、更新期にあたらないマスターの皆様、コンサルティング分野にご興味のある方や、これからマスターの資格取得を目指される皆様も是非ご受講・ご参加下さい。

 今年度は、【相続対策コース】を開講致します。
 また、講習会終了後、(公財)日本賃貸住宅管理業協会の認定資格である「相続支援コンサルタント」等に関する説明会と、立食形式で講師を交えて不動産コンサルティングに関する様々な情報交換・交流を深めて頂く機会としての『交流会(別途:1,000円要)を開催致しますので、そちらも併せてご参加下さい。

 
お申し込み方法やカリキュラムなど詳細につきましては、下記をご確認下さい。

日  時 平成29127日(木)
   受 付 午前9時30分
   講習会 午前10時~午後5時
   説明会 午後5時~午後5時20分(※ 希望者のみ)
   交流会 午後5時30分~午後7時(※ 希望者のみ)
会  場 ホテル金沢 2階「ダイヤモンド」
 金沢市堀川新町1番1号 TEL:076-223-1111
講  師 ダンコンサルティング㈱ 代表取締役 塩見 哲 氏
           (税理士/経営コンサルタント) 
内  容 ① 不動産コンサルティングの社会背景
 人口減少・超高齢化社会の到来と個人の富が高齢者に集中している日本の社会における相続市場の大変革を知り、今後の財政と税制の行方を考える。
② 相続コンサルティングに関する基礎知識
 民法と相続税法の違いを理解すると共に、相続発生後の手続きや相続財産の内容などについて理解する。
③ ケーススタディで考えるⅠ・Ⅱ
 個人所有不動産と法人所有不動産の2つのケーススタディをベースに、それぞれの不動産相続の対応法について自ら考える。
④ 相続における2つのリスクマネジメント
 相続と争族を事前に考察するためには、遺言・未分割・債務相続を理解しておく必要がある。
⑤ 相続税対策の3つの手法
 相続税対策としては、財産をなくす方法と評価を下げる方法、及び資金を生み出す方法を理解しておかなくてはならない。
⑥ 不動産相続の本質
 不動産コンサルティングを実践していくにあたっての考え方や相続税のポイントと不動産相続の10のルールを理解する。

※ 講習会終了後、希望者のみを対象に「相続支援コンサルタント認定資格に関する説明会」、講師を交えての情報交換の場となる「交流会」がございます。
受 講 料  20,000円(資料代・税込)
参 加 費  1,000円(税込) ※ 当日受付にてお支払い下さい。
申込方法  こちらから「受講申込書」をダウンロードして、申込方法をご確認の上、記載の手続きに沿ってお申し込み下さい。
締  切  平成29年12月1日(金)

 


講習・試験情報