ホーム > 入会のご案内 > 情報提供 > 事業報告 > 2018年度

第12回ハトマーク杯リトルリーグ大会開催!! 雨の中激闘!!

 2018.09.14

 平成30年9月8日(土)、9日(日)、金沢市の大桑簡易グラウンドにて「第12回ハトマーク杯争奪リトルリーグ金沢大会」が開催されました。
 本大会も今年で12回目を数えます。
 北陸・東海より6チームが集まり、8月末で最上級生が退団し、新チームとなって初めての遠征・大会に臨みました。


 しかし、大会初日は、あいにくの雨によりグラウンドが水浸し、選手達は雨の中でも元気一杯でしたが、主管の金沢リトルリーグ野球協会と主催者である石川県宅建協会で協議した結果、大会初日の全日程を中止し、翌日の大会2日目に天気の状況を見ながら、大会初日の日程を消化することと致しました。雨が小降りになると、金沢リトルリーグ野球協会の指導者・父兄の皆様が、グラウンドに砂を入れたり、雨水をスポンジで吸ったりと翌日晴れることを願い、鋭意グラウンド整備にあたって頂きました。


 大会2日目、今にも降り出しそうな空でしたが、指導者やご父兄のグラウンド整備のおかげで、何とか大会を開催することができました。
 既に金沢市内では雨が降っているにもかかわらず、不思議と会場である大桑簡易グラウンドは晴れていました。
 ようやく大好きな野球の試合ができる選手達は、初日中止となった鬱憤を晴らすように、大きな声を出し全力でプレーしていました。


 予定通り、初日の日程を1試合、2試合と消化していくうちに、またもや雲行きが怪しくなり、そのうち大粒の雨が降り出し、瞬く間にせっかく整備したグラウンドが水浸しになってしまいました。
 遠方より来県されているチームの帰路の安全を確保するためにも、正午過ぎ、雨天により大会を中止することと致しました。



 2試合の試合結果を総合し、ポイントを積算、順位を決定致しました。
 優勝は「尾張一宮リトルリーグ(愛知)」、準優勝は「岐阜東濃リトルリーグ(岐阜)」、第3位は地元「金沢リトルリーグ(石川)」、敢闘賞には「愛知西リトルリーグ(愛知)」が輝きました。
 本部テントの中で簡易的な表彰式を執り行い、第12回大会を終了致しました。
 雨の中、元気なプレーを見せてくれた選手達、グラウンド整備等ご尽力を頂きました指導者・ご父兄の皆様に心より感謝を申し上げます。

 → イニングスコア
 → 平成30年9月11日 北陸中日新聞朝刊第17面、産経新聞

入会のご案内