▼ MENU

ホーム > 入会のご案内 > 情報提供 > 事業報告 > 2012年度

第6回ハトマーク杯争奪リトルリーグ金沢大会「京都東が二連覇!!」

 2012.9.10

 今年度で第6回目を数える「ハトマーク杯争奪リトルリーグ金沢大会」が平成24年9月8日(土)、9日(日)の両日、金沢市大桑簡易野球場で開催され、東海・近畿・長野から8チームが参加、熱戦が繰り広げられました。
 本大会は、それまでチームを牽引してきた最上級生が8月末で退団し、新チームとなって初めての大会に位置付けられ、各リーグとも新チームの可能性を試す場となります。

 天候が心配されましたが、時折雲が出るものの蓋を開けてみると真夏のような日差しが照りつける中、選手達の元気一杯の入場行進の後、吉澤啓爾 広報流通委員長の「開会のことば」で第6回大会が開幕、吉本重昭 会長より「この大会で何か一つでも多くのものを得て下さい。」と主催者を代表して挨拶がありました。
 その後、堀 文和 広報流通委員より各リーグに記念品が手渡されました。
 金沢リトルリーグ 岩木主将による選手宣誓に次いで林 勤二 広報流通委員による始球式で、2日間に亘る熱戦の火蓋が切られました。

 大会期間中、大人顔負けのクロスプレーや時折ホームランも飛び出し、大桑簡易野球場には小さなリトルリーガー達の大きな声が響きわたっていました。2日間を通しての試合結果は、下表のイニングスコアの通りです。



 優勝は、「京都東リーグ」で、第5回大会に続いて2連覇を成し遂げました。準優勝は「浜松南リーグ」、第3位は「愛知西リーグ」、敢闘賞は「岐阜東濃リーグ」でした。章典を得られた皆様、おめでとうございます。
 地元、金沢リトルリーグは、惜しくも入賞することはできませんでしたが、一生懸命白球を追いかけていました。
 各リーグとも、これから無限の可能性を秘めたチームづくりに励むことでしょう。

 最後になりましたが、この大会に携わって頂きました各リーグの指導者・ご父兄の皆様、大会運営にご尽力頂きました主管である金沢リトルリーグの皆様に対しまして、心より御礼を申し上げます。


【一日目のイニングスコア】

 C面① 1 2 3 4 5  6  計    D面① 1 2 3 4 5 6
岐阜東濃 1 0 0 1 3 0 5   春 日 井 1 0 0 0 0 0 1
愛 知 西 0 0 0 2 0 0 2   京 都 東 3 0 0 1 1 × 5
 C面② 1 2 3 4 5  6  計    D面② 1 2 3 4 5 6
金  沢 0 0 0 1 0   1   浜 松 南 0 3 0 5 0 2 10
坂城千曲 4 3 1 0 ×   8   1 0 0 0 1 0 2
 C面③ 1 2 3 4 5  6  計    D面③ 1 2 3 4 5 6
愛 知 西 0 1 0 0 3 0 4   浜 松 南 0 0 2 0 1 0 3
坂城千曲 0 0 2 0 0 0 2   京 都 東 0 1 2 0 0 0 3
 C面④ 1 2 3 4 5  6  計    D面④ 1 2 3 4 5 6
岐阜東濃 1 0 2 0 3  5 11   3 3 0 0 0   12
金  沢 0 0 0 1 0 0 1   春 日 井 5 3 0 3 1   6

※ D面③ジャンケンにより京都東の勝ち、D面④時間切れにより5回終了

【二日目のイニングスコア】

 C面① 1 2 3 4 5  6  計    D面① 1 2 3 4 5 6
2 0 2 2 0 4 10   浜 松 南 4 6 0 0     10
愛 知 西 0 0 0 0 1 1 2   岐阜東濃 0 0 0 0     0
 C面② 1 2 3 4 5  6  計    D面② 1 2 3 4 5 6
春 日 井 3 0 2 1 0  0 6   坂城千曲 2 0 0 6 0   8
金  沢 0 0 0 1 3 0 4   京 都 東 0 0 1 6 3   10
 C面③ 1 2 3 4 5  6  計    D面③ 1 2 3 4 5 6
愛 知 西 3 5 1 2     11   坂城千曲 0 0 4 0 0 0 4
春 日 井 0 0 0 ×     0   浜 松 南 0 0 0 2 0 0 2
 C面④ 1 2 3 4 5  6  計    D面④ 1 2 3 4 5 6
7 12 4 0     23   岐阜東濃 0 0 0 0 0   0
金  沢 0 0 0 1     1   京 都 東 0 0 0 5 3   8

 

   
 優勝 京都東リトルリーグ 準優勝 浜松南リトルリーグ  第3位 愛知西リトルリーグ 

 


入会のご案内