ホーム > 入会のご案内 > 情報提供 > 事業報告 > 2018年度

第9回ハトマーク杯石川県8人制サッカーU-10大会、優勝は額サッカースポーツ少年団!!

 2018.10.29

 平成30年10月27日(土)、28日(日)の両日、白山市の松任総合運動公園グラウンドにて、「ハトマーク杯第9回石川県8人制サッカー U-10大会〔後援:北國新聞社、テレビ金沢、特別協力:㈱モルテン〕」が開催されました。
 この大会は、能登、金沢、白山、加賀の県内4地区で年間リーグを戦い抜いた上位16チームによる決勝大会に位置付けられている、U-10(小学校4年生以下)の最高峰の大会となります。
 
 また、8人制サッカーは、通常と比べ、ボールタッチの回数やゴール前の機会が増えることにより、選手育成に有用とされている制度で、当協会では石川県少年サッカー協会、石川県少年サッカー連盟と連携してその普及に努めています。
 昨今は、審判団育成のため、一人審判制も導入されることも多く、石川県全体のサッカーのレベルアップを図っています。


 大会第一日目、小雨が降り、冷たい風が容赦無く体温を奪う厳しいコンディションの中、午前9時より開会式が行われました。
 開会式では、まず石川県少年サッカー連盟の古西 広 理事長より開会宣言がなされました。
 優勝杯であるハトマーク杯が返還された後、主催者を代表して石川県宅建協会 新谷健二 会長より祝辞が述べられ、次いで、F.C Ferizスポーツ少年団の元林隼太朗 キャプテンより、元気一杯の選手宣誓が行われ、大会が開幕致しました。

 時折、晴れ間も見えるものの、風雨により気温が下がる中、選手達は大人顔負けのプレー・戦術により、白熱した試合が繰り広げられました。
 今大会は、実力が伯仲している表れか、30分間では決着がつかず、PK戦にもつれ込む試合も多くみられました。
 敗れたチームも敢闘賞を目指して、ビショビショになりながら、一生懸命フレンドリートーナメントを戦いました。


 大会第二日目は、幾分風が弱まったように思われますが、依然として小雨が降り、気温が低い中での試合となりました。
 決勝戦は、第1回大会覇者の額サッカースポーツ少年団と選手宣誓を行ったF.C Ferizスポーツ少年団の戦いになりました。
 先制した額SSSに対し、後半終了間際、F.C Ferizが追いつき、延長戦に突入。延長戦前半に額F.Cが決勝点を決め、勝敗が決しました。


 あいにくの天候でフィールドではなく、室内での表彰式となりましたが、二日間に亘る熱戦を制し、優勝したのは、第1回大会の覇者で8年ぶりとなる金沢地区の「額サッカースポーツ少年団」、準優勝は、同じく金沢地区の「F.C Ferizスポーツ少年団」、第3位は、能登地区の「F.C七尾ウエスト」、フレンドリートーナメントを制し、敢闘賞に輝いたのは、金沢地区の「大徳サッカースポーツ少年団」でした。


 厳しいコンディションの中でしたが、二日間に亘り、素晴らしいプレーを沢山見せてくれた選手の皆様、大会運営にご尽力ご協力を頂いた指導者、ご父兄の皆様、そしていつも子供たちの成長を第一に考えている少年サッカー連盟の皆様、本当にありがとうございました。

 ⇒ 第9回大会結果(トーナメント表)
 ⇒ 平成30年10月29日 北國新聞朝刊第26面


「不動産の日」ふれ愛講演会、盛会裡に終了!!

 2018.9.26

 平成30年9月23日(日・祝・不動産の日)金沢東急ホテル 5階「ボールルーム」において、主催:石川県宅建協会、後援:国土交通省・石川県・(公社)全国宅地建物取引業協会連合会で「『不動産の日』ふれ愛講演会」を開催し、280名の皆様にご来場頂きました。
 当日は、3連休の中日であったにもかかわらず、会場は人でごった返し、立ち見が出るほどの盛況振りでした。ご来場の皆様には、混雑によりご迷惑をお掛け致しましたこと、お詫び申し上げます。


 冒頭、石川県宅建協会の新谷健二 会長より「一般の皆様に、なかなか馴染みのない不動産の取引制度や知識に触れて頂く機会として、毎年、「不動産の日」であるこの日に講演会を開催している旨説明があり、昨年度、創立50周年という大きな節目を迎え、より一層気を引き締め、会員である宅地建物取引業者とともに描く未来の実現に向けて努めて参りたい」との挨拶があり、次いで、石川県知事 谷本正憲 様からの祝辞を、石川県土木部建築住宅課 課長の三谷浩二郎 様よりご披露頂きました。


 講演に先立ち、今年で8回目を数える「ハトマーク賞児童画コンクール」の表彰式が執り行われました。今年のテーマは「ぼくの、わたしの好きな風景」で、県内の小学校1~3年生の児童(14小学校)から122点の応募があり、表彰式では、「石川県知事賞」「ハトマーク賞」を受賞した児童とそのご家族5組が表彰されました。
 表彰式では、特別審査員を務めた金沢美術工芸大学デザイン科の鍔 隆弘 教授からの総評とともに各作品が紹介され、ご来場頂きました皆様からのあたたかい拍手を受け、緊張していた児童の表情がとても印象的でした。


 講演では、まず、学術講演として、横浜市立大学 国際総合科学部 まちづくりコース 不動産マネジメント論 教授の齋藤広子 氏より、「住まいと人~2つの老い」と題したご講演を頂き、「先々を見据え、住まいも人も価値をいかに落とさないか、いかにメンテナンスを施すかが重要である」旨ご講演を頂きました。

 スペシャルトークショーでは、地元、金沢市出身の小説家 唯川 恵さんにご出演頂き、「人生の楽しみ方」と題したお話を頂きました。
 学術講演を頂いた齋藤 教授と当日司会を務めて頂いた大平まさひこ さんも同席し、金沢の変わったところのお話や、自身が金沢在住の頃はどのような学生であったか?、軽井沢に移住してからの生活や執筆活動にどのように取り組まれているか、近著の「淳子のてっぺん」でも題材となっている登山についてもお話頂き、会場は多いに盛り上がりました。


 会場にご来場頂いた皆様からの質問コーナーも設けられ、色々な質問に真摯にお応えになる唯川先生がとても印象的でした。
 最後に唯川先生が考える「人生の楽しみ方」について伺ったところ、『いつも好奇心を持っていること、好奇心を持って毎日を過ごすこと』というお言葉を頂きました。
 講演会終了後は、サイン会も開かれ、多くの皆様が並び長蛇の列が出来ましたが、唯川先生は、写真撮影の希望にも気さくに応えるなど、お一人お一人に丁寧に接しておられました。


 唯川先生、齋藤先生、大平さん、そして何より当日ご来場頂きました皆様、誠にありがとうございました。皆様にとって、より良い一日となりましたなら、石川県宅建協会としてこれほど嬉しいことはございません。
 今後とも、ハトマークの会員店と石川県宅建協会をよろしくお願い致します。

 → 平成30年度「不動産の日」ふれ愛講演会プログラム
 → 平成30年9月24日(月・祝)北國新聞朝刊第28面

第8回ハトマーク賞児童画コンクール 大賞受賞作品
「ぼくの、わたしの好きな風景」
 
【石川県知事賞 3作品】
七尾市立東湊小 1年 金沢市立伏見台小 2年 金沢市立明成小 3年
     
【ハトマーク賞 3作品】
金沢市立伏見台小 1年 七尾市立東湊小 2年 七尾市立東湊小 3年





第12回ハトマーク杯リトルリーグ大会開催!! 雨の中激闘!!

 2018.09.14

 平成30年9月8日(土)、9日(日)、金沢市の大桑簡易グラウンドにて「第12回ハトマーク杯争奪リトルリーグ金沢大会」が開催されました。
 本大会も今年で12回目を数えます。
 北陸・東海より6チームが集まり、8月末で最上級生が退団し、新チームとなって初めての遠征・大会に臨みました。


 しかし、大会初日は、あいにくの雨によりグラウンドが水浸し、選手達は雨の中でも元気一杯でしたが、主管の金沢リトルリーグ野球協会と主催者である石川県宅建協会で協議した結果、大会初日の全日程を中止し、翌日の大会2日目に天気の状況を見ながら、大会初日の日程を消化することと致しました。雨が小降りになると、金沢リトルリーグ野球協会の指導者・父兄の皆様が、グラウンドに砂を入れたり、雨水をスポンジで吸ったりと翌日晴れることを願い、鋭意グラウンド整備にあたって頂きました。


 大会2日目、今にも降り出しそうな空でしたが、指導者やご父兄のグラウンド整備のおかげで、何とか大会を開催することができました。
 既に金沢市内では雨が降っているにもかかわらず、不思議と会場である大桑簡易グラウンドは晴れていました。
 ようやく大好きな野球の試合ができる選手達は、初日中止となった鬱憤を晴らすように、大きな声を出し全力でプレーしていました。


 予定通り、初日の日程を1試合、2試合と消化していくうちに、またもや雲行きが怪しくなり、そのうち大粒の雨が降り出し、瞬く間にせっかく整備したグラウンドが水浸しになってしまいました。
 遠方より来県されているチームの帰路の安全を確保するためにも、正午過ぎ、雨天により大会を中止することと致しました。



 2試合の試合結果を総合し、ポイントを積算、順位を決定致しました。
 優勝は「尾張一宮リトルリーグ(愛知)」、準優勝は「岐阜東濃リトルリーグ(岐阜)」、第3位は地元「金沢リトルリーグ(石川)」、敢闘賞には「愛知西リトルリーグ(愛知)」が輝きました。
 本部テントの中で簡易的な表彰式を執り行い、第12回大会を終了致しました。
 雨の中、元気なプレーを見せてくれた選手達、グラウンド整備等ご尽力を頂きました指導者・ご父兄の皆様に心より感謝を申し上げます。

 → イニングスコア
 → 平成30年9月11日 北陸中日新聞朝刊第17面、産経新聞


金沢市における町会への加入促進に関する協定 ご協力のお願い

 2018.9.13

 核家族化や少子高齢化の進行、価値観の多様化や生活様式の変化等に伴い、地域活動に参加する住民の減少が進み、地域住民相互の繋がりの希薄化が危惧されている中、金沢市でも平成24年(2012年)には72.4%あった町会加入率が、昨年(2017年)は69.2%と減少傾向に歯止めがかからない状況です。

 このような状況を打開するため、金沢市からの要請を受け、平成30年8月31日に「金沢市」「金沢市町会連合会」「石川県宅建協会」の三者で、県内初となる「金沢市における町会への加入促進に関する協定」を締結致しました。
 この協定では、下記の通り各団体に求められる役割に基づき連携することにより、地域コミュニティの醸成・充実を図り、町会への加入促進に向けて会員事業者と共に取り組みます。

 今後、県内各地の自治体へこの動きが波及していくと考えております。


 【各団体の役割】
   金沢市町会連合会
    ・ 不動産仲介業者への町会加入案内リーフレット等の提供
    ・ 不動産仲介業者からの問合せに対し、町会関連情報等の提供
    ・ その他、転入居世帯への町会加入勧誘活動 など
   金沢市
    ・ 不動産仲介業者への町会加入案内リーフレット等の提供
    ・ その他必要な協力の実施 など
   石川県宅建協会
    ・ 売買、賃貸等の取引時、転入居世帯へリーフレット等を活用し、
     町会名等の確認・案内、町会活動情報の提供等の実施 など

 【協定書】
    ・ 石川県宅建協会分

 【リーフレット】
    ・ 金沢の町会加入のご案内

 【新聞記事】
    ・ 平成30年9月1日(土)北國新聞朝刊第37面、北陸中日新聞朝刊第15面


白山市長 山田憲昭 氏、基調講演〔市政報告〕会を開催!!

 2018.9.10

 平成30年8月21日(火)、白山市松任産業会館3階「研修室」において、白山市長の山田憲昭 氏をお迎えし、基調講演(市政報告会)を開催しました。
 講演会には、石川県宅建協会の新木久雄 副会長をはじめ、田中広行 専務理事、亀田吉生 調査研究委員長、地元白山ブロックの会員の皆様、約30名が出席しました。

 冒頭、白山ブロックの木谷和栄 ブロック長より挨拶があった後、山田市長からの市政の進捗状況報告・今後の展望等についてお話を伺いました。
 講演会では、質疑応答の時間も設けられ、出席者は直接市長と意見交換できる貴重な機会を有意義に活用されていました。公務ご多忙な中、お時間を割いて頂き、一つ一つの意見に熱心に耳を傾け、質問にも大変真摯にご回答頂きました山田市長には、心より感謝申し上げます。


 |  1  |  2  | 次ページへ→

入会のご案内