MENU

ホーム > 宅建協会のご案内 > ふれ愛講演会

ふれ愛講演会

ふれ愛講演会ポスター
著名人を迎え、これからの「住まいと人」を考える。

不動産を身近なものに感じる機会として、石川県宅地建物取引業協会ではふれ愛講演会を開催しています。今年は、講師に「西郷どん!」の著者としても知られる林真理子氏が登壇。『私の仕事から』というテーマでご講演をいただきます。これまでも数々の有名な作品を発表してきた林先生。どのような場所で作品が執筆されてきたのか。山梨から東京へ、デビューから大賞の受章など、たびたびお引越しもされている林先生のお家へのこだわりや環境の変化に応じて伴った住まいについてお話いただきます。閉会後には、林先生のサイン入り書籍を抽選で20名様へプレゼントさせていただきます。

開催概要

日 時

2021年11月3日(水・祝)
13:30~16:30(開場12:30)

会 場

金沢東急ホテル 5階「ボールルーム」

〒920-0961 石川県金沢市香林坊2丁目1−1
定 員

200名(先着順・申込不要)

※事前申込の必要はございません。
※当日は12:00より5階ロビーで整理券を配布いたします。
※当日、熱が37.5度以上なくても、体調がすぐれない場合はご来場をお控えください。
料 金

入場無料

新型コロナウィルス感染症の影響により、
講演会の中止または講演内容を一部変更し開催する場合があります。
ご来場の際には、協会ホームページにて開催内容をご確認ください。
お問い合わせお問い合わせ

プログラム

13:30 開会挨拶
(公社)石川県宅地建物取引業協会 会長 新谷健二
13:35 学術講演『コロナ禍における不動産市況』
講師:不動産市況アナリスト 幸田 昌則 氏
※幸田氏の事務所から映像をお送りする、オンライン形式での講演です。
14:30 特別講演『私の仕事から』
講師:作家 林 真理子 氏
16:00 閉会
閉会後 林真理子氏サイン入り書籍を抽選で20名にプレゼント!

特別講師のご紹介

講師 林 真理子

《プロフィール》
昭和29年、山梨県に生まれる。昭和51年日本大学芸術学部文芸学科を卒業。コピーライターを経て、昭和57年エッセイ集「ルンルンを買っておうちに帰ろう」を出版。昭和59年処女小説「星影のステラ」が直木賞候補に選出されたことを機に執筆業に専念。昭和60年「最終便に間に合えば」「京都まで」により第94回直木賞を受賞。平成7年「白蓮れんれん」により第8回柴田錬三郎賞を受賞。平成10年「みんなの秘密」により第32回吉川英治文学賞を受賞。平成12年直木賞選考委員に就任。他、数々の文学賞の選考委員を務める。平成23年レジオン・ドヌール勲章シュヴァリエ受章。平成25年「アスクレピオスの愛人」により第20かい島清恋愛文学賞を受賞。平成28年連載中であった「西郷どん!」が2018年からNHK大河ドラマの原作となることが発表。平成30年紫綬褒章受賞。令和2年第68回菊池寛賞を受賞。令和2年「同一雑誌におけるエッセイの最多掲載階数」としてギネス世界記録認定。

講師 幸田 昌則

《プロフィール》
福岡県出身。九州大学法学部卒。リクルートが発行する「住宅情報」誌の創刊責任者を三大都市圏で歴任。的確な市況分析と助言とで、多くの支持者を擁するマーケット分析の第一人者。現在はネットワーク88を主宰。不動産業の経営、事業・営業戦略のアドバイス、幹部研修などでも活躍している。また土地資産家や企業経営者を対象とした講演では、データを基に、具体例を交えた分かり易い解説に定評がある。著書に、「アフターコロナ時代の不動産の公式」(日本経済新聞出版)他、多数。

お問い合わせ

リーフレットのダウンロードはこちら

リーフレットリーフレット

公益社団法人 石川県宅地建物取引業協会
 金沢市大豆田本町ロ46-8

0120-424-4250120-424-425

 

宅建協会のご案内