令和元年度空き家対策&住宅耐震セミナーin南加賀のご案内

 令和元年7月28日(日)、午後1時30分(開場:午後1時)より、小松市民センター2階「セミナールーム」において、『空き家対策&住宅耐震セミナーin南加賀』を開催します。
 このセミナーは、石川県宅建協会と白山・南加賀の4市1町(白山市・川北町・能美市・小松市・加賀市)が合同で毎年開催しているものです。
 当年度は、小松市が幹事を務め、例年の空き家対策セミナーと住宅耐震セミナーの2部構成で開催致します。


 セミナー終了後は、個別の相談会も開催する予定ですので、空き家問題や住宅耐震問題に悩んでおられる空き家所有者の皆様、空き家所有者のご親族の皆様、地域住民の皆様など、ご活用頂ければ幸いに存じます。
 参加をご希望の方は、下記よりリーフレットをダウンロードして頂き、詳細をご確認のうえ、7月23日(火)までに「電話・メール・ファックス」のいずれかでお申し込み下さい。
 定員100名に達し次第締め切りとなります。
  ⇒ 令和元年度 空き家対策&住宅耐震セミナーin南加賀リーフレット(申込書)


 空き家問題については、先般、平成30年度に実施された総務省の住宅土地統計調査で、空き家が846万戸まで増加したと発表がありました。住宅耐震については、石川県では耐震改修について全国でもっとも手厚い助成制度があり、災害が多い日々を安全に過ごすためにも重要な問題となります。
 空き家や住宅耐震に係る諸問題を考える良い機会になると思いますので、多くの皆様のご参加をお待ち致しております。